美容液オイル 成分 効果

MENU

美容液オイルに配合されている成分と効果について

さまざまな美肌効果で人気の高い美容液オイルに配合される
成分と、その美容効果について紹介します。

 

 

オイル成分

 

ツバキオイル(カメリアオイル)

美容液オイル 成分 画像

 

日本特有の植物である椿から抽出されるオイル。
「大島椿」などで広く知られ、古くから美肌・美髪ケアに
使用されてきました。肌なじみが非常によく紫外線ケアや
ニキビ予防にも効果を発揮します。

 

 

オリーブオイル

美容液オイル 成分 画像

 

食用としても高い人気を誇るオリーブオイルには、優れた
美肌効果がありビタミンEが豊富に含まれていることからも
老化予防に効果的です。抗炎症作用もありマッサージオイル
としても重宝されています。

 

 

ホホバオイル

 

すーっと肌になじむ浸透力を持ちながらも保湿力が高く、
あらゆる肌質の方に適しています。日焼けやニキビなどで
炎症を起こしている肌のケアにも使用することが出来ます。
人の肌にも存在するワックスエステルを含んでいます。

 

 

マルラオイル

 

南アフリカに生息し、強い生命力を持つ植物から抽出される
万能オイル。酸化に非常強く、シミやシワなどの年齢サインに
高い効果を発揮します。火傷や湿疹など皮膚治療にも
使われ古くから重宝されている美肌成分です。

 

 

スクワランオイル

美容液オイル 成分 画像

 

元々人間の皮膚に存在し、肌を保護する働きを持つ成分。
オリーブやコーンなど植物由来のスクワランオイルと
サメの肝臓から抽出される動物性のスクワランオイルが
あり、どちらも保湿・保護効果に優れています。

 

 

アルガンオイル

 

モロッコの砂漠、乾燥や強烈な紫外線の中で育つ驚異の
植物アルガンツリーの実から抽出される貴重なオイル。
抗酸化作用が高く、エイジングケア効果に優れています。
さらっとした使用感で無臭いうことから使いやすさも抜群。

 

 

マカダミアナッツオイル

 

ここ数年注目の美容オイル。パルトミン酸という成分が
含まれており老化を強力に防ぐことから「若返りオイル
とも言われています。また、浸透性に優れ「消えるオイル」
として使い心地の良さにも人気の理由があります。

 

 

杏仁オイル(アプリコットカーネルオイル)

 

イボ取り効果で知られる杏仁オイルですが、肌のごわつきや
ざらつきの改善にも有効だとして美容オイルにも使用されます。
アンチエイジング効果の高い脂肪酸であるパルミトレイン酸を
豊富に含んでいます。

 

 

ローズヒップオイル

美容液オイル 成分 画像

 

ハーブティーとして女性から高い人気のあるローズヒップ。
バラの実から抽出された赤いオイルです。ビタミンや
カロチノイドによって、シミやシワを予防・改善。
酸化しやすいため、夜の集中ケアに適しています。

 

 

美容液成分

 

ヒト型セラミド(セラミド3、セラミド6)

 

人間の皮膚内の角質細胞間脂質に存在する油性成分である
セラミドとほぼ同じ組成の保湿成分。浸透力に優れ、
低刺激なことから肌に負担をかけずしっかりうるおいをキープ

 

 

アロエベラ葉エキス

美容液オイル 成分 画像

 

200種類以上もの有効成分を含有し、美肌ケアにも有効。
肌のうるおいをしっかりと保ち、ターンオーバーを
正常化
することで美しく健康的な素肌へ導きます。

 

 

高麗人参

 

和漢植物エキスの中でも非常に人気があり、長い間アジアで
愛され続けている万能成分。滋養強壮や疲労回復食材という
だけでなく、シワ予防などアンチエイジングやくすみ予防、
肌の弾力サポートなどに優れた効果を発揮します。